投資資金の一部なら、キャッシングで用意するのもアリ!な3つのワケ

投資資金は自分の口座から用意しなければならないという決まりは有りません。 ちょっとした裏技ですが、 投資資金の一部をキャッシングで用意する方法もあります。 高額利用はNG、頻繁に利用できないというルールはありますが、 便利に利用できる方法もあるのです。その理由を3つ紹介します。

まず、キャッシングを利用するなら、 無利息キャッシングで短期的に利用するのが良いでしょう。 30日無利息期間を実施している金融業者も多数見られます。 初回のみ限定という所がほとんどのため、何度も利用する事はできませんが、 ここぞと言う勝負の時に急いで資金を調達したい時に便利です。 無利息期間を確認し、必ず短期間の内に返済するのがルールです。 無利息期間を超えても、短い間なら少ない金額の利息で済みます。

投資にキャッシングを利用する場合は、 勝てる投資に利用する事です。 勝てると分かっている投資があっても、資金が無いために見過ごしてしまう事もあると思います。 100%確実な投資はありませんが、かなり高い確率で勝てるという勝負はあるはずです。 そんな時にキャッシングで資金を調達し、勝利金で直ぐに返済すれば良いのです。 その間の利息はほんのわずかで、ネット決算で即日返済すればほとんどかからないはずです。 勝てると判断できたら、勝負に出てみるのもアリです。

最後に、投資金額は一部だけで利用しましょう。 全額利用はNGとなります。投資は100%利益が出るものではないため、 全ての資金をキャッシングで用意してしまうと、マイナスとなった時利息と損失とダブルで損害が出ます。 必ず一部の資金のみと決めて、全額は利用しない事です。 そもそも投資と言うものは、余剰資金で行なうものです。 全額キャッシングを利用する場合は、余剰資金とは言えません。 余剰資金+足りない部分をちょっとだけプラスするという考え方なら失敗しにくいです。 一部の資金だけの利用なら、たとえマイナスが出ても自己資金があるためその分で返済ができるのです。