お金はまとめていくほどムダ使いが減る!という3つの真実

お金はまとめていくほど無駄が減ります。 これは多くの方が実際に感じているはずです。 1万円を崩してしまうと、あっという間に無くなったという経験をお持ちでしょう。 どのような心理が働いているのか知ることによってお金の無駄が減り、浪費しなくなると思います。

お財布に1万円が入っていたときは1万円を長くキープできたのに、 千円札や5千円札に変わったとたん、一気に無くなったと感じませんか? たとえ残りが9千円も残っていたとしても、あっという間に消えてしまいます。 お札は千円札よりも5千円札、更に1万円札で持っていたほうが崩したくないという心理が働くため、 長くその金額を維持できます。崩すとなぜか使ってしまうため、 できるだけ大きな単位でもつようにする事をおススメします。

この心理はお財布の中だけに働くものではなく、貯金も同じ事です。 1万円しか貯金がなければ直ぐに使ってしまうけど、 それが10万円、100万円と額が大きくなる程浪費しにくくなります。 1万円なら直ぐに貯められる心理があるけど、100万円はコツコツと行なわないと貯められないため 「使いたくない」という心理が働きやすいのです。 貯蓄を持ちたかったら、100万円、500万円など額をまとめる事で使わなくなります。 貯金が多い人ほどお金を使うときにちゃんと考え、本当に必要だと思ったときにしか使いません。

できるだけお金は細かく持たず、大きなお札や金額にまとめるようにしましょう。 お財布の中、貯蓄なども同じルールです。お金持ちがお札と小銭とを分けて持つことが多いのも、 できるだけお札を多く持ち、なるべく崩さないという心理が働くため浪費しないのでしょう。 本当に必要な事にはドンと使っても、小さな金額の出費は節約する事が多いです。 お金が貯まらない人ほど、小さな額を持って細かい金額を浪費して無駄が増えている可能性があります。 お財布をお札専用、小銭専用と分けてみるのも一つの方法です。 小さな額の場合小銭のお財布だけを見て足りなければ、使わないという選択もできますし、 ワザワザお札を崩そうとも思わないはずです。