キャッシングで万馬券を当てたい!多重債務に陥らないためのキャッシングの3大ルール

キャッシングで万馬券を当てたい? このような使い方は借金地獄へ進む可能性が高いです。 このような考え方をしている人に多重債務者が多く、 いつかは万馬券と夢を見ているから、借金がどんどん膨らんでしまいます。 ギャンブルがどうしても止められないなら、3大ルールを守る事です。

ギャンブルはそもそも負けるように出来ています。 勝つ人も一部居ますが、いつも勝つ事はありえません。 1回勝つとその快楽が中毒となり、また当たるのではないか? という心理が働いて何度も繰り返してしまいます。 ギャンブルは勝つものではなく、ほとんどが負けるものと思って行なってみて下さい。 ギャンブルにキャッシングで資金を作ってしまうのは、負け戦のようなものです。 借金を抱えて更に負けに行くのですから、わざわざ借金を作りに行くのと代わりがありません。

ギャンブルで負ける→お金を借りる→お金を返すためにギャンブルをする。 これを繰り返すだけのループ に陥ります。ギャンブルという商売がある以上、運営している会社には必ず利益が回ってきています。 一部の人には利益を流しますが、殆どの人が損しているからこそ商売が成り立つのです。 勝つ事は毎回ではなく、ほんのわずかな確率に過ぎず、その少ない確率のために多くの資金を投資する事になります。 ギャンブルを行なって居る人の殆どはトータルで見ると損していると言われる ほど、勝ち続ける事は難しいのです。

キャッシングはどうしても必要なお金を借りるところで、 ギャンブルの費用に当てるためにあるわけではありません。 トータルで考えると損すると分かっているのに、 借金をするという事はただ借金を作りに行っているようなものです。 簡単に借りられるとギャンブルで負けたときに使ってしまいがちですが、 それは避けたほうが良いです。 近くにキャッシングのATMが設置されていたり、コンビニで引き出せる場合も多く、 負けても直ぐにお金は手に入ります。負けると理性が吹っ飛びやすいため、 ギャンブルを行ないたいならキャッシングできるカードは絶対に持たないようにしてください。 生活費の余剰資金で遊ぶ程度なら、多少は行なっても良いかもしれませんが、 本来は行わないほうが良いものです。