あなたの会社はどのランク?銀行は金融庁のガイドラインで企業を6つの格付け!

普段なにげなく利用している銀行ですが、実は企業ごとにランク分けをしていることをご存知でしょうか。 金融庁が定めた6つの定義に則ってランクを設け、それを参考に融資などを行っているのです。 銀行に問い合わせても、公開はしてもらえないと思います。 ですから、今回ご説明する内容で、ご自身の会社がどのランクに属しているか、是非一度確認してみてください。

Aランク「正常先」

業績が良好で、かつ財務内容にも特に問題の無い会社がこれにあたります。 当たり前の内容のようですが、6つの中では最高ランクに位置づけられています。

Bランク「要注意先」

金利の減免や棚上げを行っているなど、 貸し出し条件に問題のある会社です。 元本や利息の返済などが延滞している会社、履行状況に問題のある会社、 業績が低調または不安定な会社や財務内容に問題のある会社などもこれにあたります。

B’ランク「要管理先」

3ヶ月以上返済を延滞していたり、経済的に困難になった会社に適用される 貸出条件緩和債権を適用している会社などがこれにあたります。

Cランク「破綻懸念先」

経営破綻にはなっていないが、経営難で進歩状況が思わしくなく、 今後経営破綻になる可能性が極めて高い状態の会社をいいます。 つまり、返済状態も回収が困難であり、損失の可能性が高い会社のことです。

Dランク「実質破綻先」

法的には経営破綻はしていないものの、 深刻な経営状況であり、再建の見通しがないと認められる会社がこれにあたります。 返済能力と比較し、明らかに過大な借入金の存在、大幅な債務超過などに陥っている会社で、 長期延滞している会社もこれにあたります。

Eランク「破綻先」

法的にも経営破綻しており、 破産、清算、会社整理、手形交換所の取引停止処分などにより実質的な 経営破綻をしている会社のことで、最低ランクの会社となります。

あなたの会社はどのランクでしたか?銀行は金融庁のガイドラインで、このような6つの格付けを行っています。