結婚資金がどうしても足りない!賢く借りたいブライダルローンの3つのポイント

結婚資金がどうしても足りないという場合に利用したいのが、 ブライダルローンです。 賢く利用すれば足りない費用を補うことができ、毎月の負担を軽くする事もできます。 どのようなブライダルローンがお勧めなのか3つのポイントを交えて紹介します。

平均的な結婚資金は400万円以上だと言われています。 この内訳は結婚式、披露宴、新婚旅行などが含まれています。 結婚式だけでは300万円~350万円程度、70人程度招待客を呼んだ場合このくらいの費用がかかってしまいます。 その他新婚旅行を含めると大体400万円程度になります。 後でご祝儀として一部は返ってくるため、最低でも自己資金として200万円は用意したいところです。 費用は結婚式のタイプによっても異なり、ホテルや専門の式場を借りると高額になりやすく、 神社やチャペルなどを利用するともっと費用は安くなります。 写真だけという場合は10万円程度で済む場合もあるので、使える費用によって結婚式を選択してみて下さい。

万が一結婚式の費用が足りない場合は、ブライダルローンを考えるでしょう。 しかし、比較的審査基準が厳しい傾向があり、 社会人になって間もない方や今まで延滞を行ったことがある方などは厳しい可能性もあります。 ブライダルローンは銀行などが提供しているもので、 利用しにくいというデメリットがあります。

審査が通らないと感じてしまう方は、 銀行や消費者金融系のフリーローンを利用するのがお勧めです。 ブライダルローンと比べて比較的審査が通りやすく、 多目的で利用できるのが特徴です。例えば結婚式以外の費用も足りない場合には、 フリーローンのほうが便利な事もあるでしょう。 結婚は何かとお金が必要で、結婚費用・新婚旅行・引越し代・新居の家具など色々な費用がかかります。 フリーローンならどんな目的でも利用できるため、 希望の金額だけ告げればよいのです。