実はキャッシングよりもクレジットのリボ払いの方がヤバイ!3つの理由

キャッシングは借金の中で最も危ないと思っていませんか? 実際は、計画的に利用してルールを守れば、それ程怖いものではありません。 どうしても必要な時にお金を直ぐに借りられたり、 銀行が開いていない時でも融資が可能という面で、メリットがあります。 しかし、クレジットカードのリボ払いは借金がどんどん膨らんでしまう可能性があり、 事実、怖い借り方なのです。どちらかと言うとキャッシングのほうが怖い印象があり、 クレジットカードのリボ払いのほうが手軽で便利な印象がありますが逆なのです。 では、どのような面でリボ払いが危険なのか3つの例で紹介します。

リボ払いとは、 クレジットカードに付けられているリボルビング払いというものです。 殆どのカード会社で設定されており、電話やネットの手続きだけでも設定する事ができます。 クレジットカードを使いすぎた時に、支払い方法として選択されやすい方法です。 毎月1万円とか、2万円とか定額の支払額を設定します。 後は毎月定額の支払額で済み、後は借入額がいくらになろうと毎月支払いが続けられます。 しかし、残高が多ければ多いほど当然金利が付くわけで、 本当はキャッシングの方がお得だったりします。

また、リボ払いはクレジットカードで利用できる支払い方法のため、 いつも使い慣れているクレジットカードの感覚でお金を借り易いもの。 キャッシングよりは精神的に楽で、カードで買い物をしたという感覚になりがちです。 しかし、リボ払いは借入総額がいくらになっているのか気が付きにくく、延々と続く支払い となる事も多いのです。月々1万円など少ない支払額に設定してしまうと、 借金も少ないという錯覚を起こしてしまいます。 リボ払いを利用している人は、明細書をこまめにチェックしているでしょうか。 計算してみるとすごい利息になっているのにその事実に気が付かず、毎月の支払額だけに目を向けている人が非常に多いのです。

さらに、クレジットカードの年会費が無料だったり、ポイントが沢山付くシステムになっているのは、 実はこのリボ払いを狙っているからです。 中には「リボ払いにするとポイント2倍」 というキャンペーンを大々的に行なって利用者を増やそうとしている所もあります。 年会費無料でポイントまで付く、何となくお得という感じがしますが、 リボ払いというのは、実は利息がどんどん増えてしまっている怖い借り方なのです。