初心者向けキソ知識

カードローン初心者の方々に安心してご利用いただけるよう、 ファイナンシャル・プランナー(FP)としての経験をを活かし、 キソ知識を以下のようにまとめてみました。

カードローンとは

カードローンとは、 金融機関から貸付専用に発行されたカードを用いてお金を借りられる仕組みのことです。
どのような仕組みなのか、詳しく見ていきましょう。

カードローンの種類

ローン企業の系統ごとに、銀行系、信販系、消費者金融系の3つに分けられています。
どの系列の金融機関のカードローンでも実質的な借入れにはほとんど差がないようですが、
それぞれ特有のメリットが存在するのも確かです。
例えば銀行・信販系では、銀行やクレジットカード会社が元となっているため 信用性が高く、
借り手側の安心度が高い
というメリットがあります。 消費者金融系は借り手のニーズに最も
特化している傾向が強く、 他社と比べて審査が素早い、申込んだらすぐに貸付けしてくれる、
といったサービス対応の良さや迅速さ の点で定評があります。

キャッシングとの違い

カードローンとキャッシングの主な違いは、キャッシングが総量規制対象となるのに対し、
銀行カードローンは総量規制対象外となることです。
総量規制は年収の1/3を越える借り入れを制限するものですので、
銀行カードローンはそれ以上の借り入れが可能である、ということになります。
詳しくは「 総量規制とは 」の項目をご覧ください。

メリット・デメリット

カードローンのメリットをあげると以下のようなものがあります。

  • キャッシングで借入れができない方も借りることが可能となる
  • 借入れ可能額が比較的高く設定されいてる。
  • キャッシングに比べて金利が低い
  • 金融機関によっては、銀行カードローン利用によって優遇サービスが受けられる。
  • インターネットでの申込みが可能、借入れにATMが利用できるなど使いやすい。

一方で、デメリットをあげると以下のようなものがあります。

  • 目的別ローンよりも実質金利が高くなることがある。
  • 借入れ限度額が低い
  • 使い勝手が良いあまり、自己資金であるかのような錯覚に陥りやすい。